住宅営業/営業マンには2つの能力

 

 
 

営業マンには、建築主の望みを叶える2つの能力が必要

住宅建築を成功させるのは「3人のキーマン」です。その3人とは「営業マン」・「設計者」・「現場監督」です。この3人のキーマンで特に最初に担当する営業マンの影響が大きい。

住宅メーカーであればカタログや商品案内で出来上がる住宅は分かりますが、工務店側の注文住宅となるとどのような住宅ができるのか分からない。出来上がる住宅は営業マンの人柄と能力によって大きく左右されます。

営業マンの人柄は何より「誠実さ」が絶対条件になります。建築主への誠実・約束への誠実・業務への誠実‥‥いろいろあります。しかし、これだけでは良い営業マンとは言えない。建築主の望みを叶えるには2つの能力が必要になります。

1.コンサルティング業務
2.マネージメント業務

これからの住宅営業は、話術的・技巧的な営業より、人柄を押しつける営業より、本質的な住宅建築のアドバイスを求められるでしょう。 営業マンは、建築主の要望をサポートするためにアドバイスやいろんな提案をします。また、住宅建築を進めていくには多くの協力者を必要としますので、マネジメントも重要な業務です。

 

目次

1.営業業務

2.住宅営業には2つのタイプ

3.当方の提唱

3.1.営業マンの役割業務

3.2.住宅建築の進め方

3.3.「営業実務書」を作成する

 
 

営業業務

時折、営業マンを軽蔑するように「当社には営業マンがおりません」と言う工務店があります。しかし、誰かが住宅営業をやっているはずです。契約までの営業業務と契約という営業行為がなければ企業は存続できない。

「営業マン不要」と考える方は「1.営業業務を理解していない」あるいは「2.営業マンの役割業務を理解していない」ことがあるようです。

「1.営業業務を理解していない」は、営業マンの仕事は「お客さんを探すこと」であると考えていることです。お客さん探しは工務店の仕事である。工務店はお客さんを探すために宣伝広告・住宅展示場・現場見学会・・・。さまざまなことをします。このような行為でお客さん探しは工務店側の仕事であって営業マンだけに課せられた仕事ではないのです。

「2.営業マンの役割業務を理解していない」は、お客さんさえ探せれば営業マンがいなくても、設計担当者と工事担当者がいれば住宅建築は進めていける。この発想の背景には「設計・施工は任せてください。信用しないお客さんはお断り」あるいは「他社と比較するようなお客さんはお断りする」という 工務店側に立った身勝手な考えがあります。

誰もが商品を購入する時は比較をします。住宅建築は大きな買い物です。慎重に比較しながら住宅建築を進めていく、時間をかけながら進めていく、決定はできるだけ遅くする。これは当たり前のことです。

建築主は住宅建築を始めようと考えた時、総合住宅展示場を見学する、住宅雑誌やインターネットでいろいろ勉強する、そしていろんな住宅会社に相談をする。そして、一歩ずつ進めていきます。

工務店側に多くの建築実績があってもどんなに長く業務をやってきたとしても、建築主側が関心あるのは過去の実績でもなく創業期間でもなく、「自分たちの条件・要望に対応してどんな住宅建築をしてくれるのか」です。

営業マンは建築主側に立って、住宅建築のサポートします。工務店側からすればその存在価値は分かりにくいかもしれないが、建築主側に立てば営業マンの役割業務がわかります。

建築主側に立てば営業マンに望むことはいろいろあります。「住宅建築のアドバイスをしてくれる」・「どんな質問にも対応してくれる」・「資金計画をしてくれる」・「最後まで面倒見てくれる」・「建築主側に立って工務店側に意見をしてくれる」・「建築主と設計担当者・工事担当者との調整をしてくれる」・・・。

建築主が望まないことは「束縛するような、義理や人情の人間関係を売込んでくる」・「他人の考えに耳をかそうとしない、職人気質の方」・「しつこくしてくること」・「建築主側の価値でなく、工務店側の価値を強く主張する」・「囲い込みをする」・「他社と比較させないようにする」・・・。建築主側に立てば当たり前のことです。

このように考えますと、アレコレとアドバイスしてくれる方でもなく、資金計画をしてくれる方でもない。そんなこと当たり前のことである。営業業は建築主側に立って望ましい住宅建築をサポートしてくれる方になるのかもしれない。

 
 

住宅営業には2つのタイプ

営業は、商品を販売する営業、ホテルでの接客営業、保険やセミナーなどの勧誘営業などいろいろ。また、呼び名も営業マン・セールスマン・アドバイザー・外交員など様々あります。これを2つのタイプに分けて整理しますとわかりやすい。

1.販売型営業‥‥「商品を売る」の販売型営業
2.受注型営業‥‥「注文をいただく」の受注型営業

住宅業界の営業も大きく分けますと2つに分けることができます。

1.販売型の住宅営業‥‥「商品住宅」や「ブランド住宅」を販売する営業
2.受注型の住宅営業‥‥「注文住宅」を建築する受注型営業

「商品住宅」や「ブランド住宅」は建築する前に確かめることができるので安心です。実際は建築主側の条件・要望に対応して多少の変更を加えて住宅建築をしますが、どうしても住宅に生活者を対応させながら住宅営業を進めていくことになります。

一方「注文住宅」は最初から建築主側の条件や要望を基本にして住宅建築を進めていきます。生活者に対応しながら住宅建築を進めていきます。 販売型の住宅営業は商品の説明と商品を販売するために、商品の特長を上手に伝えること内容が重要になります。

 
 

当方の提唱

営業マンが理解しておかなければならないことが2つあります。「1.営業マンの役割」と「2.住宅建築の進め方」です。さらに営業マンには「営業実務書」を作成する作業があります。

「営業実務書」の作成は営業マンにとって重要な作業です。極論を言えば「営業実務」を作成すれば営業マンの業務は7割は終了します。

 

1.営業マンの役割業務

住宅営業は商品を売込むことでも営業マン自身を売込むものでもないはずです。建築主の望む住宅建築のお手伝いをするのです。

1.建築主は、望む住宅建築をしたい
2.工務店は、建築主の望みをサポートする。

営業マンは社会的な常識を持って、この「建築主の望みを叶えてあげる」お手伝いをすることが、住宅営業の本来の姿です。建築主側に立って考えればわかることですが、営業マンの人柄を売り込まれて、義理や人情で身動きができないようにされることは嫌なことです。

「住学教室」で「営業マンの2つの役割業務」を学びます。建築主側も営業マンの2つの役割業務を知ることで安心して営業マンと住宅建築を進めていくことができます。

 

2.住宅建築の進め方

住宅建築の進め方は、住宅メーカー・工務店・設計事務所・プロデューサによって多少異なります。住宅メーカーは企業を早い段階に選択させるような進め方をします。工務店は競合を避けるような進め方をします。又設計事務所やプロデューサは業務を委託させるような進め方をします。

建築実務の進め方は上記のように区分することができますが別の区分方もあります。それは「1.企業側に立った進め方、2.建築主側にに立った進め方」です。

企業側に立った進め方は上記のような進め方ですが、建築主側に立った進め方とは「建築主のメリットを優先する」という考え方です。これは「企業の目的は利益でなく、顧客の創造である(ピーター・ドラッカー)」の考え方です。

建築の利益を優先にしますので、建築主側のメリットになる進め方「いくつかの企業と比較しながら住宅建築を進めていく。インターネットなど活用しながら情報を共有化する。いつでも建築主が企業決定できる環境を維持する。」等で住宅建築の実務を進めていくやり方です。「住学教室」ではこの方法を具体的に紹介しています。

 

3.「営業実務書」を作成する

「営業実務書」は住宅建築を進めていくための基本方針書です。具体的には設計業務・施工業務の基本方針書になります。「勉強会」は「判断と選択の基本」を理解することに対し「営業実務書」は設計業務・施工業務を進めていく方針書となります。また住宅建築を進めていく過程で判断を確認する「確認書」にもなります。

「営業実務書」は2つのタイプをそろえてあります。「住学教室」で実際の「営業実務書」をご覧になることができます。住宅建築をどこに依頼するかは建築主側で決めればいことです。どこの工務店に住宅建築の相談する時も、住宅建築を依頼する時も役に立ちますので、「営業実務書」を作成することをお勧めします。

 
 
 
 

「サイト利用」のご案内

「サイト利用」のご案内はこちら

「メルマガ」は「生活・住宅・建築」に関する様々な記事です。

「住学教室」は「判断と選択の基本」を学べる勉強会です。

 

 住学教室

「理念」

なぜ「住学教室」から始めるのか?

よくある質問

「住学教室」の内容

「判断と選択の基本」を学ぶ

「全体像」を学ぶ

「成功する5つの方法」を学ぶ

「建築実務」を学ぶ

「住学教室」の活用

「体験学」で学ぶ

「現在、計画中」の方

「現在、計画中」の方

「そろそろ、住宅建築」の方

「いつか、住宅建築」の方

「土地取得に関心」の方

「参加者」の声

「サイト」利用

「サイト」を利用

「メルマガ」登録

「住学教室」への参加

「お申込み」

「住学教室」開設の企業募集

「住学教室」開設のご案内

 住宅建築

〔情報・見学・参加〕

賢く活用/展示場・勉強会・インターネットを賢く活用する

勉強会/どのような「勉強会」も役に立つ

施工現場見学会/耐震性・耐久性・安全性はわからない

完成現場見学会/何を見るのか?どこを重点的に見るのか?

〔住宅業界〕

住宅業界/プロは騙せないが素人はいくらでも騙せる世界

工務店/建築主が望んでいる工務店

住宅営業/営業には2つのタイプ

住宅設計/目的に叶う設計内容であることが重要

建築工事/きちんとした施工は第三者の管理より企業姿勢

〔建築〕

住宅建築/一般の商品とは異る特有性がある

建築時期/「ライフプラン」で検討する

新築住宅/「動機」と「目的」が重要な課題

リフォーム/新築住宅に比べ「より慎重」に

資金計画/「資金の理解」と「資金の使い方」

建築費用/「建築費用を下げる」考察

〔住宅〕

住宅/大きく分けると3タイプ

注文住宅/短所を理解し長所を生かす

望む住宅/「建物・生活」の2つの視点から

耐震住宅/特殊な工法より「設計・施工・維持管理」が大事

子供部屋/独善的な子供教育論を語る設計士には注意

2世帯同居住宅/「仲良く同居する」は困難な課題

 

 運営

代表者あいさつ

業務

企業概要

 
 

ごあいさつ    業務    運営企業    @2017jyugak