住学教室で「建築実務」を学ぶ

 

 
 
 

建築実務の大きな流れは「1.計画、2.設計、3.見積、4.契約、5.工事、6.竣工」です。この流れは建築業者(住宅メーカー・住宅プロデューサー・工務店)に共通しています。

流れは同じでも進め方はいろいろです。一般に、住宅メーカーであれば自社の商品住宅を販売する、住宅プロデューサーであれば仲介業務で進める、設計事務所タイプであれば設計者が主役になって進めていく、工務店であれば自社の拘りを主張ししながら進めていく。

住学教室では「建築主側に立って、住宅建築を進めていく」を基本方針としています。理由は住生活するのは建築主だからです。「住宅に建築主を合わせる・建築主が主役になれない、あるいは工務店側の拘わりで住宅建築する」ことは望ましくないと考えるからです。

 
 

目次

1.「建築実務」を学ぶ

1.建築主側に立って、建築実務を進める

2.「建築実務」を理解すれば

=事例=

1.「理解しながら住宅建築」ができる

 
 

「建築実務」を学ぶ

●建築主側に立って、建築実務を進めていく

建築実務の流れは「1.計画・2.設計・3.見積・4.契約・5.施工・6.完成」です。この流れは住宅メーカーや工務店あるいは住宅プロデューサーや設計事務所にほぼ共通しています

重要なことは「進め方」の企業姿勢です。

1.企業側に立って、建築実務を進めていく?

2.建築主側に立って、建築実務を進めていく?

 

住学教室では「建築主側に立って、建築実務を進めていく」を学ぶことができます。
この「建築主側に立って、建築実務を進めていく」は、自由設計で住宅建築をする工務店の住宅建築に適したやり方ですが、住宅メーカーや住宅プロデューサーや設計事務所の住宅建築にも応用できます。 

 
 

「建築実務」を理解すれば

●「理解しながら住宅建築」ができる

住宅建築の流れは「1.計画、2.設計、3.見積り、4.契約、5.工事、6.竣工」です。

理解しながら進めていけます。理由は下記のような項目を理解しているからです。

 
 

=事例=

✔ 「失敗・後悔しない住宅建築」を理解する

✔ 「良い住宅?、良い設計?」を理解する

✔ 「設計内容?」を判断する

✔ 「住宅性能」などの住宅テーマを理解する

✔ 「住宅価格の予算配分」を理解する

✔ 「価格を下げる方法」を理解する

✔ 「住宅性能」などの住宅テーマを理解する

✔ 「業者の比較」を上手にする

✔ 「保証内容」の不備も理解しておく

✔ 「トラブルを起こさない方法」を知っておく

 

 
 
 
 

「サイト利用」のご案内

「サイト利用」のご案内はこちら

「メルマガ」は「生活・住宅・建築」に関する様々な記事です。

「住学教室」は「判断と選択の基本」を学べる勉強会です。

 

 住学教室

「理念」

なぜ「住学教室」から始めるのか?

よくある質問

「住学教室」の内容

「判断と選択の基本」を学ぶ

「全体像」を学ぶ

「成功する5つの方法」を学ぶ

「建築実務」を学ぶ

「住学教室」の活用

「体験学」で学ぶ

「現在、計画中」の方

「現在、計画中」の方

「そろそろ、住宅建築」の方

「いつか、住宅建築」の方

「土地取得に関心」の方

「参加者」の声

「サイト」利用

「サイト」を利用

「メルマガ」登録

「住学教室」への参加

「お申込み」

「住学教室」開設の企業募集

「住学教室」開設のご案内

 住宅建築

〔情報・見学・参加〕

賢く活用/展示場・勉強会・インターネットを賢く活用する

勉強会/どのような「勉強会」も役に立つ

施工現場見学会/耐震性・耐久性・安全性はわからない

完成現場見学会/何を見るのか?どこを重点的に見るのか?

〔住宅業界〕

住宅業界/プロは騙せないが素人はいくらでも騙せる世界

工務店/建築主が望んでいる工務店

住宅営業/営業には2つのタイプ

住宅設計/目的に叶う設計内容であることが重要

建築工事/きちんとした施工は第三者の管理より企業姿勢

〔建築〕

住宅建築/一般の商品とは異る特有性がある

建築時期/「ライフプラン」で検討する

新築住宅/「動機」と「目的」が重要な課題

リフォーム/新築住宅に比べ「より慎重」に

資金計画/「資金の理解」と「資金の使い方」

建築費用/「建築費用を下げる」考察

〔住宅〕

住宅/大きく分けると3タイプ

注文住宅/短所を理解し長所を生かす

望む住宅/「建物・生活」の2つの視点から

耐震住宅/特殊な工法より「設計・施工・維持管理」が大事

子供部屋/独善的な子供教育論を語る設計士には注意

2世帯同居住宅/「仲良く同居する」は困難な課題

 

 運営

代表者あいさつ

業務

企業概要

 
 

ごあいさつ    業務    運営企業    @2017jyugak