住学教室

賢くなるのが一番

「判断と選択の基本」を学べる勉強会

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

アクセス

     
 
 

質問&回答

 
 
 

質問

01:一般の、住宅建築勉強会との違いは?

02:勉強会はどこでするのですか?

03:参加すると営業されるのではないですか?

04:参加すれば建築を勧められませんか?

05:設計内容見てもらえますか?

06:参加すれば、後で訪問されませんか?

07:結局は、建ててほしいからでしょう?

08:参加人数はどれくらいですか?

09:参加は「個人参加?」・「グループ参加?」

10:友達と一緒に参加してもいいですか?

11:私(主婦)だけでもいいのですか?

12:主人と一緒の方がいいのではないですか?

13:多くの人と一緒に参加したい?

14:参加回数は?

15:費用はかかるのですか?

16:どのように進めているのですか?

17:勉強会時間は?

18:2時間の勉強で「失敗・後悔しない住宅建築」ができるのですか?

19:未だ、建築予定はないのですが?

20:建築したばかりなのですが参加してもいいのですか?

21:他の工務店の契約してもいいのですか?

22:他の工務店に頼んだら利益にならないのでは?

23:他社と契約をしたのですが参加してもいいのですか?

24:現在建築中なのですが?

25:近くに「住学教室」がなかった場合?

 

回答

01:一般の、住宅建築勉強会との違いは?

大きな違いは「判断と選択の基本」を学べる勉強会です。

多くの勉強会は建築基準法・資金計画あるいは話題性のあるテーマがほとんどです。その内容は、わざわざ勉強会に参加しなくてもインターネットで学ぶことができます。

住学教室は「判断と選択の基本」を学べる勉強会です。今は情報を集めることはそれほど難しことではありません。難しいのは「情報をどう判断し、何を選択するか」です。住宅建築を学べる勉強会は多くありますが当方のような「判断と選択の基本」を学べる勉強会を探すことは困難でしょう。

02:勉強会はどこでするのですか?

多くは工務店で行いますが、 いろんな場所で行います。 

住宅建築勉強会への参加は予約制になっています。その時に場所の打合せをします。気軽にお友達と参加を希望するなら、ファミリーレストランか喫茶店でもいいでしょう。住宅機器に関心があれば住宅機器の“ショールーム”でもできます。参加人数が多ければ、会場を借りて住宅建築勉強会をします。また、希望があればご自宅でも住宅建築勉強会をすることができます。

多くは工務店で行いますが、 いろんな場所で行います。 

住宅建築勉強会への参加は予約制になっています。その時に場所の打合せをします。気軽にお友達と参加を希望するなら、ファミリーレストランか喫茶店でもいいでしょう。住宅機器に関心があれば住宅機器の“ショールーム”でもできます。参加人数が多ければ、会場を借りて住宅建築勉強会をします。また、希望があればご自宅でも住宅建築勉強会をすることができます。

これにはいくつかの理由があります。

1.工務店内には住宅建築の資料が揃えてあること。

2.専門の技術者がいますからその場で質問に回答できること。

3.契約するまではお客様を訪問しませんから、建築主は止めたい時はいつでも止められる安心感があります。

03:参加すると営業されるのではないですか?  

セールス営業はしません。 

「住学教室」を行うことは営業業務になりますが、望まないものを売り込まれたり望まないことを勧められたりするいわゆる「セールス営業」をすることはありません。そもそも住宅建築は「セールス営業」が困難なのです。理由は即決できる商品ではないからです。もし「セールス営業」が出てくるとすればのは見積りをした後の業者を決める時です。 

04:参加すれば建築を勧められませんか?   

参加しても建築を勧められることはありません。  

各個人に多少の違いがあるかもしれませんが「売込みされる」という懸念でしょう。住宅建築は他の商品と違って即「販売や契約する」ということはない。建築主が総合住宅展示場を見学しようが、現場見学会に出かけようが、あるいは勉強会やセミナーに参加しようがその場で商品を買わされたり契約させられたりすることはない。だから、住宅建築に限って言えばそれほどの不安を抱かなくもいいのではないかと思う。

05:設計内容を見てもらえますか?    

「住学教室」に参加すれば、ご自分で判断できるようになります。   

一般には「設計内容」を判断するには相当の建築知識・建築経験が必要とされますが、住学教室では「間取り」について基本的なことを学びますので、設計内容をご自分で判断できるようになります。設計が進んでいる方には特に学んでほしい課題です。

06:参加すれば、後で訪問されませんか?     

「住学教室」に参加しても、訪問されることはないので安心です。    

一般に、住宅建築勉強会といえば「設計教室タイプ」か「セミナー的タイプ」で、建築法規の解説や資金計画についての内容が多いようです。共通していることは後日訪問営業があることです。しかし、「住学教室」に参加しても、訪問されることはないので安心です。

07:結局は、建ててほしいからでしょう?      

建築するかどうかを決断するのは建築主本人です。    

企業は利益を得なければ存続ができません。重要なことは企業側がどのような方法で利益を得るのかです。当方は「建築主側に立って、住宅建築」をするという基本姿勢があります。建築するかどうかを決断するのは建築主本人です。

08:参加人数はどれくらいですか?       

いろいろです。     

主婦だけ参加する。ご夫婦で参加する。あるいはグループで参加する・・・・いろいろです。最初の住宅建築勉強会に参加する人数は決まっていませんが、住宅建築勉強会後に行われる打合せは、プライバシーありますので少人数になります。

09:参加は「個人参加?」・「グループ参加?」       

「1.グループ参加。2.個人参加」のどちらでも選択ができます。      

住学教室への参加は「お客さんの都合に合わせる」ことを基本にしていますので、参加の仕方・参加の日時は参加者が自由に設定できます。

10:友達と一緒に参加してもいいですか?      

かまいません。      

お友達と一緒に参加することは、楽しくもあり気軽さもあるものです。参加されたお友達への訪問営業や電話営業をすることはありませんから、気軽に安心してご参加下さい。また、一人では心細いという方は他の方とグループで参加することができます。

11:私(主婦)だけでもいいのですか?       

かまいません。      

「失敗・後悔しない住宅建築」に関心があればどなたでも、参加できます。

12:主人と一緒の方がいいのではないですか?     

それは参加する方が判断することです。    

参加者が主人と一緒に参加したいという理由はいろいろあるでしょう。当方は多くの方に参加してほしいという考えはあります。参加者は判断して下さい。

13:多くの人と一緒に参加したい?      

グループでも参加できます。

何人かと一緒に参加したい方もいます。その理由はいろいろでしょうが、何人と参加できるように配慮します。遠慮なく希望をお知らせ下さい。

14:参加回数は?      

何回でもかまいません。

「参加回数」に関しては、一回参加するだけで「判断と選択の基本」を学べることを基本にしてますが、関心ある「テーマ」を更に勉強会したい時には何回でも勉強することができます。

15:費用はかかるのですか? 

「住学教室」への参加は有料です。

「住学教室」の運営費用は企業の告宣伝費用として考えていますが、「住学教室」に参加するには「3000円」の費用がかかります。

16:どのように進めているのですか?   

「パソコン」 「インターネット」「資料」を活用しながら進めて行きます。

講師が一方的に話すセミナー形式ではなく建築基準法を説明する講義形式でもなく、サロン的な雰囲気で会話を楽しむように進めていきます。具体的には”1.最初に勉強内容のプログラムを説明します。2.「パソコン画面」でいろいろ学びます。3.本日学んだことを整理します。”

17:勉強会時間は?

「2時間程度」です。

”最初に自己紹介や住学教室の案内で15分間程度、勉強会に2時間程度、終えた後に質問や整理に15分間程度”の合計2時間30分程度の時間です。

18:2時間の勉強で「失敗・後悔しない住宅建築」ができるのですか?

大きな「失敗・後悔しない住宅建築」を避けることができます。

理由は、失敗・後悔しない住宅建築ために「成功する5つの方法」を学ぶからです。何事もそうでしょうが、基本的なことは単純で本質的で分かりやすいことが多いのです。住宅建築も例外ではなく、失敗・後悔しない住宅建築は「成功する5つの方法」で解決することができます。

19:未だ、建築予定はないのですが?

住宅建築に関心があれば時期は関係がありません。お気軽に活用して下さい

住宅建築は突然始まることが多い、その時のためにお気軽に活用して下さい。「住宅建築勉強会」に参加する方だけでなく、工務店側にとってもメリットがあるのです。“「住宅建築勉強会」に参加し住学教室を知ってもらえれば”、いつかお客様になる可能性を得るメリットがあります。また、口コミで広がる可能性もあるし、それに、建築主から多くの打合せを通していろいろ学ぶことができます。何も遠慮することはありません。

20:建築したばかりなのですが参加してもいいのですか?

かまいません。

建築した方でも、より良い住生活をするヒントも見つけることができますし、今後の生活の向上に役に立つかもしれません。

21:他の工務店の契約してもいいのですか?

建築主の自由です。資本主義社会ではお金を出す側が選択権があるのは当然です。

建築主が最後にどの業者を決めるかは自由です。一般に、工務店や住宅メーカーあるいは建築設計事務所や住宅ロデュサーは、建築主をできるだけ早く囲い込みしようとします。その傾向は住宅メーカーより工務店の方が強いようです。

住学教室では建築主を囲い込むような営業をしないことが基本です。建築主はいくつかの工務店を比較しながら住宅建築を進めることが自然なことであり、またメリットがあることです。

22:他社と契約したのですが?参加してもいいのですか?

トラブルが起きやすいのでお断りしております。

理由は、2つあります。

 1つは、建築主は住学教室で住宅建築の基本を学ぶことができます。その結果、学んだ知識や情報で決めた業者への要望が多くなり、その業者が要望を受け入れてくれれば良いが、そうでなければ、建築主と業者の間に溝ができることになります。 2つは、契約した業者から営業妨害と言われかねない。

23:他の工務店に頼んだら利益にならないのでは?

参加者の中で何人かが受注になりますので十分な利益になります。

参加者全員は契約なるとはならないのです。参加者の中で何人かが契約してくれればいいのです。住宅展示場のような維持費もかからないのでそれで十分利益があります。

24:現在建築中なのですが?

あまりお勧めできません。

「住学教室」に参加し「失敗・後悔しない住宅建築」を学べば、いかに間違った住宅建築を進めてきたの理解するでしょう。しかし、建築中ではやり直せないのです。

25:近くに「住学教室」がなかった場合?

「住学教室」を開設するまで待って下さい。

近くに住「スタディー」なく参加できない方への対応は、3月程待って頂きいております。その期間に「住学教室」を開設準備しますので、参加できるのは3月後になります。

 
 

 
 

「住学教室」へのご案内

「体験学」参加はこちら

「勉強会」参加はこちら

 住学教室

「理念」

なぜ「住学教室」から始めるのか?

「住学教室」の内容

「判断と選択の基本」を学ぶ

「全体像」を学ぶ

「成功する5つの方法」を学ぶ

「建築実務」を学ぶ

活用

「現在、計画中」の方

「そろそろ、住宅建築」の方

「建築予定はない」という方

「土地取得」に関心の方

参加

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

「参加者」の感想

場所

「住学教室」の場所

 住宅建築

〔情報・見学・参加〕

賢く活用/展示場・勉強会・インターネットを賢く活用する

住宅展示場/参考になることがたくさん

勉強会/どのような「勉強会」も役に立つ

施工現場見学会/耐震性・耐久性・安全性はわからない

完成現場見学会/何を見るのか?どこを重点的に見るのか?

〔住宅業界〕

住宅業界/見せかけの多い世界です

工務店/建築主が望んでいる工務店

住宅営業/営業には2つのタイプ

住宅設計/目的に叶う設計内容であることが重要

建築工事/きちんとした施工は第三者の管理より企業姿勢

〔建築〕

住宅建築/一般の商品とは異る特有性がある

建築時期/「ライフプラン」で検討する

新築住宅/「動機」と「目的」が重要な課題

リフォーム/新築住宅に比べ「より慎重」に

資金計画/「資金の理解」と「資金の使い方」

建築費用/「建築費用を下げる」考察

〔住宅〕

住宅/大きく分けると3タイプ

注文住宅/短所を理解し長所を生かす

望む住宅/「建物・生活」の2つの視点から

耐震住宅/特殊な工法より「設計・施工・維持管理」が大事

子供部屋/独善的な子供教育論を語る設計士には注意

2世帯同居住宅/「仲良く同居する」は困難な課題

 運営

サイト利用

サイト案内

建築主

工務店

アクセス

運営企業

代表者あいさつ

企業概要

パートナー募集

ごあいさつ  運営企業  @2017jyugak