住学教室

賢くなるのが一番

「判断と選択の基本」を学べる勉強会

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

アクセス

     
住学教室/体験学
 
 

「体験学」に参加

 
住学教室/体験学
 

学ぶ内容は「5のテーマ」

今は「購入する前にあるいは会員になる前に、お試しや体験する」はごく普通です。「住学教室」では勉強会を始める前に「どんなところなのか?何を学ぶのか?」という「体験学」から始めています。

「体験学」のメリットはいろいろあるのですが「1.住宅建築の心構え。2.住宅建築のコツ」が分かることです。「心構えとコツ」は重要なことなのに、当方のように整理して学べるような勉強会を見かけることはありません。

 

〔体験学で学ぶ5つのテーマ〕

1.「良い住宅建築」をする方

「良い住宅建築」をする方には3つの共通点があります。

その共通点を知っておけば参考になります。

2.「望ましい住宅建築」とは

「満足する住宅」ができるかどうかは本人の努力が重要です。

しかし、それだけでは不十分です。望ましい住宅建築を整理しました。

3.「情報」を上手に整理する

今は情報を集めることは容易ですが整理することが大変です。

必要な情報・不要な情報を簡潔に整理する方法です。

4.「建築業界の実情」を理解する

建築業界は見せかけの多い業界です。

建築業界の実情を理解し見せかけに惑わされない方法です。

5.「住宅建築」を賢く進めていく

住宅建築では建築主が多くを決定します。

建築主が賢く住宅建築を進めていく方法です


住学教室/オフライン
 

「体験学」への参加

「体験学」はオンライン(仮想体験学)とオフライン(実体験学)で運営していますが内容はほぼ同じです。

”最初は「オンライン体験学」に参加し、その後「勉強会」に参加する”という流れの方が気軽です。

1.オンラインで「体験学」に参加する

「@動画で学ぶ。AZoomで学ぶ。」どちらの方法も気軽に参加して「5つのテーマ」を学ぶことができます。

2.直接「体験学」に参加する

各工務店が開設している住学教室の「体験学」に参加します。

工務店側からメールが送信され、その後、日時の打合わせをして参加することになります。少人数のグループ「体験学」なのでお気軽に参加できます。

3.参加申込み

申込み後に、体験学の「webサポートサイト」をお知らせします。「webサポートサイト」には”動画で学ぶ・Zoomで学ぶ、・参加の流れ”を整理してあります。

お名前

メール

  (再入力)

場所(直接「体験学」参加を希望する方)

     埼玉県    群馬県    千葉県

質問

 

      

 
 

「住学教室」へのご案内

「体験学」参加はこちら

「勉強会」参加はこちら

 住学教室

「理念」

なぜ「住学教室」から始めるのか?

「住学教室」の内容

「判断と選択の基本」を学ぶ

「全体像」を学ぶ

「成功する5つの方法」を学ぶ

「建築実務」を学ぶ

活用

「現在、計画中」の方

「そろそろ、住宅建築」の方

「建築予定はない」という方

「土地取得」に関心の方

参加

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

「参加者」の感想

場所

「住学教室」の場所

 住宅建築

〔情報・見学・参加〕

賢く活用/展示場・勉強会・インターネットを賢く活用する

住宅展示場/参考になることがたくさん

勉強会/どのような「勉強会」も役に立つ

施工現場見学会/耐震性・耐久性・安全性はわからない

完成現場見学会/何を見るのか?どこを重点的に見るのか?

〔住宅業界〕

住宅業界/見せかけの多い世界です

工務店/建築主が望んでいる工務店

住宅営業/営業には2つのタイプ

住宅設計/目的に叶う設計内容であることが重要

建築工事/きちんとした施工は第三者の管理より企業姿勢

〔建築〕

住宅建築/一般の商品とは異る特有性がある

建築時期/「ライフプラン」で検討する

新築住宅/「動機」と「目的」が重要な課題

リフォーム/新築住宅に比べ「より慎重」に

資金計画/「資金の理解」と「資金の使い方」

建築費用/「建築費用を下げる」考察

〔住宅〕

住宅/大きく分けると3タイプ

注文住宅/短所を理解し長所を生かす

望む住宅/「建物・生活」の2つの視点から

耐震住宅/特殊な工法より「設計・施工・維持管理」が大事

子供部屋/独善的な子供教育論を語る設計士には注意

2世帯同居住宅/「仲良く同居する」は困難な課題

 運営

サイト利用

サイト案内

建築主

工務店

アクセス

運営企業

代表者あいさつ

企業概要

パートナー募集

ごあいさつ  運営企業  @2017jyugak