住学教室

賢くなるのが一番

「判断と選択の基本」を学べる勉強会

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

アクセス

     
住学教室/建築実務
 
 

住学教室で「建築実務」を学ぶ

 
 
 
 

建築実務の大きな流れは「1.計画、2.設計、3.見積、4.契約、5.工事、6.竣工」です。この流れは建築業者(住宅メーカー・住宅プロデューサー・工務店)に共通しています。

流れは同じでも進め方はいろいろです。一般に、住宅メーカーであれば自社の商品住宅を販売する、住宅プロデューサーであれば仲介業務で進める、設計事務所タイプであれば設計者が主役になって進めていく、工務店であれば自社の拘りを主張しながら進めていく。

住学教室では「建築主側に立って、住宅建築を進めていく」を基本方針としています。理由は住生活するのは建築主だからです。「住宅に建築主を合わせる・建築主が主役になれない、あるいは工務店側の拘わりで住宅建築する」ことは望ましくないと考えるからです。

 
 

目次

「建築実務」がわかる

1.「建築実務」がわかると

1.「建築実務で、意識すること」がわかる

2.「建築主側に立った、建築実務」がわかる

3.「望む住宅・望む建築」を実現できる

2.〔事例〕/「建築実務」を賢く進めていく

 
 

「建築実務」がわかる

 

建築実務の流れは「1.計画・2.設計・3.見積・4.契約・5.施工・6.完成」です。この流れは住宅メーカーや工務店あるいは住宅プロデューサーや設計事務所にほぼ共通しています

重要なことは「進め方」の企業姿勢です。

1.企業側に立って、建築実務を進めていく?

2.建築主側に立って、建築実務を進めていく?

住学教室では「建築主側に立って、建築実務を進めていく」を学ぶことができます。

この「建築主側に立って、建築実務を進めていく」は、自由設計で住宅建築をする工務店の住宅建築に適したやり方ですが、住宅メーカーや住宅プロデューサーや設計事務所の住宅建築にも応用できます。

 

1.「建築実務」がわかると

1.「建築実務で、意識すること」がわかる

建築実務の流れは、事業者が効率的に「建築実務」を進めていくことでは共通していますが、建築主への意識はそれぞれ異なるようです。特に契約までの意識の違いです。

✓住宅宅メーカーは、「商品住宅の魅力で、企業選択」を選ばせる

✓設計事務所は、「設計から始めるメリットを力説して、設計依頼」を促す

✓工務店は、「自社の拘りを主張して、競合業者に勝つ」ことを優先する。

✓住宅プロデューサーは、「マネジメントのメリットで、委託契約」へと進めていく。

各事業の建築実務を進めていく意識に違いがあったとしても、「業務の流れと実務内容」を理解することは大切です。住学教室では「建築実務」各ステップの要点を整理しております。

 

2.「建築主側に立った、建築実務」がわかる

各事業者に共通していることは他にあります。それは事業側に立って効率的に「建築実務」を進めていく内容になっていることです。

一方、建築主側に立って進めていく「建築実務」もあります。具体的に言えば、各社を比較する・設計内容を評価する・予算の有効配分の仕方・施工条件の内容…。」など、建築主側にメリットになることを建築主側に立って進めていく建築実務です。

しかし、現実は、事業者が建築主側立って進めていく「建築実務」をしているのは非常に少ない。その理由は、建築主側が勉強するほど、比較しながら進めていくほど契約が困難になるからです。

現実はそうであっても、「建築主側に立った、建築実」を知っておくことはメリットになります。理由は、「住宅建築は賢くなることで、失敗・後悔を防げる」からです。

 

3.「望む住宅・望む建築」を実現できる

「望む住宅・望む建築」を実現するには、「建築主側に立つ、建築実務」で進めていくことが望ましい。住学教室ではそのように推奨しています。

例えば、「望む住宅・望む建築」を実現するには、「『1.望む住宅。2.望む建築』を整理する」ことから始める。また実現するための「情報・知識・知恵」も必要になります。

「望む住宅・望む建築」を実現するには勉強はかかせません。しかし、それには多くの時間と経験を要します。住学教室は、その現実的な課題を真摯に受け止め、「判断と選択の基本」を学べる勉強会を構築しました。

 
 

2.〔事例〕/「建築実務」を賢く進めていく

住宅建築の業務は、“1.計画。2.設計。3.見積。4.契約。5.工事。6.完成。7.引渡。”があります。建築主は直接的には工事に参加しないが、“1.計画。2.設計。”という実務には参加します。

その結果、出来上がった住宅は建築主側にも責任が出てきます。これが問題なのです。“建築主側にも責任が出てきます”ということが問題なのです。 この問題を理解します。

 
 
 

「住学教室」へのご案内

「体験学」参加はこちら

「勉強会」参加はこちら

「メルマガ」申込みはこちら

 

 住学教室

「理念」

なぜ「住学教室」から始めるのか?

「住学教室」の内容

「判断と選択の基本」を学ぶ

「全体像」を学ぶ

「成功する5つの方法」を学ぶ

「建築実務」を学ぶ

活用

「現在、計画中」の方

「そろそろ、住宅建築」の方

「建築予定はない」という方

「土地取得」に関心の方

参加

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

「参加者」の感想

「メルマガ」の登録

場所

「住学教室」の場所

 住宅建築

〔情報・見学・参加〕

賢く活用/展示場・勉強会・インターネットを賢く活用する

住宅展示場/参考になることがたくさん

勉強会/どのような「勉強会」も役に立つ

施工現場見学会/耐震性・耐久性・安全性はわからない

完成現場見学会/何を見るのか?どこを重点的に見るのか?

〔住宅業界〕

住宅業界/見せかけの多い世界です

工務店/建築主が望んでいる工務店

住宅営業/営業には2つのタイプ

住宅設計/目的に叶う設計内容であることが重要

建築工事/きちんとした施工は第三者の管理より企業姿勢

〔建築〕

住宅建築/一般の商品とは異る特有性がある

建築時期/「ライフプラン」で検討する

新築住宅/「動機」と「目的」が重要な課題

リフォーム/新築住宅に比べ「より慎重」に

資金計画/「資金の理解」と「資金の使い方」

建築費用/「建築費用を下げる」考察

〔住宅〕

住宅/大きく分けると3タイプ

注文住宅/短所を理解し長所を生かす

望む住宅/「建物・生活」の2つの視点から

耐震住宅/特殊な工法より「設計・施工・維持管理」が大事

子供部屋/独善的な子供教育論を語る設計士には注意

2世帯同居住宅/「仲良く同居する」は困難な課題

 運営

サイト利用

サイト案内

建築主

工務店

アクセス

運営企業

代表者あいさつ

企業概要

パートナー募集

ごあいさつ  運営企業  @2017jyugak