住学教室

賢くなるのが一番

「判断と選択の基本」を学べる勉強会

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

実務サポート

     
住学教室/成功する5つの方法
 
 

住学教室で「成功する5つの方法」を学ぶ

 
 
 
 

住宅建築には「夢」と「怖さ」があります。快適な生活・きれいな生活環境・家族が仲良く生活・自然災害に安心を、和む空間・健康的な住環境・趣味を楽しむ‥‥など様々夢があります。

同時に、大きく予算オーバー・業者とのトラブル・使い勝手が悪い・保証内容に不安・見劣りがする‥‥などの失敗・後悔への怖さもあります。 住宅建築は取り返しのつかないことなので、是非とも失敗・後悔は避けなければならない。

当方の「失敗・後悔しない住宅建築」しないための「成功する5つの方法」はインターネットでも書籍・雑誌でも学ぶことができない内容です。

 

目次

「成功する住宅建築」がわかる

1.「成功する5つの方法」がわかると

1.「賢い、要望」ができる

2.「賢い、質問」ができる

3.「賢い、判断・選択」ができる

2.〔事例〕/「間取り計画」を評価する

 
 

「成功する住宅建築」がわかる

 

失敗・後悔の事例はいろいろあります。例えば、長期優良住宅にしたかった・比較しなが進めていけば良かった・トラブルが起きてしまった・使い勝手が悪い住宅になった・金額が大きくオーバーした・保証内容に注意しなかった・急ぎ過ぎた・もっと勉強会すれば良かった‥‥等。

住宅建築での失敗・後悔の事例はたくさんありますが、複雑に見えても「5つの方法」で防ぐことができます。また、“住宅業界の常識・非常識”を知らないと、住宅建築を進めていく過程で正しく判断することができなくなることがあります。“失敗・後悔しない”ためにも、決断する前・建築をする前に“住宅業界の常識・非常識”を理解することも大事です。

整理すれば、住宅建築で大きな「失敗・後悔しない住宅建築」をしないために、住宅業界の常識・非常識」と「成功する5つの方法」を学んでおけば十分でしょう。

 
 

1.「成功する5つの方法」がわかると

1.「賢い、要望」ができる

当たり前のことですが、要望によって結果が異なります。住宅建築の場合にも「丈夫な家」と「家族が仲良くなる住まい」では異なり。「安くて良い住宅」と「良い住宅を安く建築する」でも大きく違ってきます。

「間取り計画」に関しても、「勉強ができる子供の部屋」「楽しい子供部屋」「人格形成ができる子供部屋」でそれぞれ異なってきます。「合理的な台所」「清潔な台所」「楽しむ台所」でもそれぞれ違ってきます。

「成功する住宅建築」を学ぶと、「自分たちにとって、本当に価値のある住宅」がわかるようになりますので、どんな住宅を望んでいるのか「賢く、要望」を整理することができるようになります。

 

2.「賢い、質問」ができる

工務店の企業力は「質問する」ことでわかります。また、「質問を繰り返していく」ことでより詳しくわかるようになります。但し、質問する側が「賢い質問ができる」ことが条件となります。

建築事業者を選ぶことは難しい。特に「信用でなく、信頼で選ぶ」となりますと非常に難しい。「信用」は過去の実績や行為でわかりますが、「望む住宅建築をできるのか?」という今後の「信頼の判断」は本当に難しい。

それでも方法はあります。それは「賢い、質問をする」ことです。「コストを下げる方法を教えて下さい。」「設計の評価の仕方を教えて下さい。」「工事管理書はありますか?」「健康住宅や耐震住宅について?」といろいろ質問することで判断ができるようになります。

住学教室で「成功する5つの方法」が学びますと、「質問」をいろいろできます。さらに関心のある課題に関しては「質問」を繰り返していくこともできるようになります。

 

3.「賢い、判断・選択」ができる

多くの建築主はプロになることを目的にはしていないので、「設計業務」や「工事業務」の実務的な勉強はそれほど必要ではありません。必要なのは「内容を判断・選択する」勉強です。

契約をすれば、建築主側と工務店側の力関係は逆転します。現実的に、契約前には建築主側は自由に主張できますが、契約後には建築主側は遠慮がちな主張になってしまうのです。

実際「工事契約」は請負契約で「業務の進め方は全て一任する」という請負契約なのです。従って、法律的にも建築主側が契約後に業務の進め方に口出しができなくなるのです。

「住宅建築で成功する」「失敗・後悔しない住宅建築」は、極論を言えば「契約する前に、決まってしまう」ことなのです。「成功する5つの方法」がわかると、契約前に納得できる住宅建築への確信を持てるようになります。

 
 

2.〔事例〕/「間取り計画」を評価する

住宅建築の打合せで「楽しくもあり、難しくもある」のが「間取り計画」です。

快適な生活環境・合理的な家事労働・充分な収納スペース・くつろげる‥‥等。「間取り」は直接的に生活・暮らしに影響を与えます。 また、住宅は長い期間に渡って生活しますので家族の生活様式・家族の成長に対応する「間取り計画」をすることが重要になります。

間取り計画は、「1.建築主側が条件や要望を伝える。2.工務店側がそれに対応した間取りを提案する。3.建築主側がその間取りを判断する」の流れで進めますので、建築主側の判断(評価能力が重要になります。

勉強会では 「間取りの評価の仕方」を学びます「課題・問題が多い間取り図」を使って学んでいきます。

 
 
 

「住学教室」へのご案内

「体験学」参加はこちら

「勉強会」参加はこちら

「メルマガ」申込みはこちら

 

 

 住学教室

「理念」

なぜ「住学教室」から始めるのか?

「住学教室」の内容

「判断と選択の基本」を学ぶ

「全体像」を学ぶ

「成功する5つの方法」を学ぶ

「建築実務」を学ぶ

活用

「現在、計画中」の方

「そろそろ、住宅建築」の方

「いつかは、住宅建築」の方

「建築予定はない」という方

「土地取得」に関心の方

参加

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

「参加者」の感想

「メルマガ」の登録

場所

「住学教室」の場所

 住宅建築

〔情報・見学・参加〕

賢く活用/展示場・勉強会・インターネットを賢く活用する

住宅展示場/参考になることがたくさん

勉強会/どのような「勉強会」も役に立つ

施工現場見学会/耐震性・耐久性・安全性はわからない

完成現場見学会/何を見るのか?どこを重点的に見るのか?

〔住宅業界〕

住宅業界/見せかけの多い世界です

工務店/建築主が望んでいる工務店

住宅営業/営業には2つのタイプ

住宅設計/目的に叶う設計内容であることが重要

建築工事/きちんとした施工は第三者の管理より企業姿勢

〔建築〕

住宅建築/一般の商品とは異る特有性がある

建築時期/「ライフプラン」で検討する

新築住宅/「動機」と「目的」が重要な課題

リフォーム/新築住宅に比べ「より慎重」に

資金計画/「資金の理解」と「資金の使い方」

建築費用/「建築費用を下げる」考察

〔住宅〕

住宅/大きく分けると3タイプ

注文住宅/短所を理解し長所を生かす

望む住宅/「建物・生活」の2つの視点から

耐震住宅/特殊な工法より「設計・施工・維持管理」が大事

子供部屋/独善的な子供教育論を語る設計士には注意

2世帯同居住宅/「仲良く同居する」は困難な課題

 運営

実務サポート

実務サポート

建築主側への実務サポート

工務店側への実務サポート

情報検索

運営企業

代表者あいさつ

企業概要

パートナー募集

ごあいさつ  運営企業