住学教室

賢くなるのが一番

「判断と選択の基本」を学べる勉強会

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

アクセス

     
住学教室/成功する5つの方法
 
 

住学教室で「成功する5つの方法」を学ぶ

 
 
 
 

住宅建築には「夢」と「怖さ」ががあります。快適な生活・きれいな生活環境・家族が仲良く生活・自然災害に安心を、和む空間・健康的な住環境・趣味を楽しむ‥‥など様々夢があります。

同時に、大きく予算オーバー・業者とのトラブル・使い勝手が悪い・保証内容に不安・見劣りがする‥‥などの失敗・後悔への怖さもあります。 住宅建築は取り返しのつかないことなので、是非とも失敗・後悔は避けなければならない。

当方の「失敗・後悔しない住宅建築」しないための「成功する5つの方法」はインターネットでも書籍・雑誌でも学ぶことができない内容です。

 

目次

1.「成功する5つの方法」を学ぶ

2.「成功する5つの方法」を理解すれば

=事例=

1.「失敗・後悔しない住宅建築」ができる

2.「間取り(plan)」を判断できる

3.「業者の決定」には慎重になる

 
 

「成功する5つの方法」を学ぶ

失敗・後悔の事例はいろいろあります。例えば、長期優良住宅にしたかった・比較しなが進めていけば良かった・トラブルが起きてしまった・使い勝手が悪い住宅になった・金額が大きくオーバーした・保証内容に注意しなかった・急ぎ過ぎた・もっと勉強会すれば良かった‥‥等。

住宅建築での失敗・後悔の事例はたくさんありますが、複雑に見えても「5つの方法」で防ぐことができます。また、“住宅業界の常識・非常識”を知らないと、住宅建築を進めていく過程で正しく判断することができなくなることがあります。“失敗・後悔しない”ためにも、決断する前・建築をする前に“住宅業界の常識・非常識”を理解することも大事です。

整理すれば、住宅建築で大きな「失敗・後悔しない住宅建築」をしないために、住宅業界の常識・非常識」と「成功する5つの方法」を学んでおけば十分でしょう。

 
 
 

「成功する5つの方法」を理解すれば

●「失敗・後悔しない住宅建築」ができる

住宅建築で「成功することだけでなく、失敗しないことも考える」ことは大事です。

「失敗・後悔」は誰にでも起こる可能性があります。

 

=事例=

✔ 会社や営業マンを信用しすぎた

✔ もっと、勉強すればよかった

✔ 建築費が安いと思っていたが、完成したら高くなっていた

✔ 設計内容を判断することができなかった

✔ 業者側からの提案を判断することができなかった

✔ 業者側への支払いをもっと数回にに分ければよかった

✔ トラブルが起きてしまった

✔ 見せかけの誠実さを見抜くことができなかった

✔ 価格はいくらでも下がることは知らなかった

✔ 保証内容だけで安心してしまった。

住宅建築で「成功することだけでなく、失敗しないことも考える」ことは大事です。

住宅建築は取り返しのつかないことなので、是非とも失敗・後悔は避けなければならない。ところが「失敗しない」の課題を本気で取り組んでいる工務店を見かけることはありません。

背景にはそのような「勉強会」は企業側にメリットが少ないからでしょう。「勉強会」はインターネットで集められるような内容では関心を起こすことができないし、お客さんを探す手段という狭い了見では集客はできない。何よりも、建築主側に多くを勉強してほしくない本音があるののかもしれない。

何事も失敗・後悔しないためにはある程度の経験が必要ですが、多くの方は住宅建築を一生に一・二度の経験しかできない。それで、経験を積んで正しく判断をするわけにはいかない。そうかと言って、住宅建築を思い立った時は短期間で住宅建築を進めていくことが多いので、長期間勉強することも現実的ではない。

そんな実情に、「住学教室」は大変や役に立つものです。理由は「住学教室」に一回参加することで、大きな失敗・後悔を避けることができるからです。

 

●「間取り(plan)」を判断できる

「間取り計画」の基本を理解すれば、工務店側とフラット(対等)な関係で打合せができます。

下記の「課題が多い間取り図」を使って勉強します。

設計の間取りは楽しい作業ですが難しい作業でもあります。建築主は直接間取り図を描くわけではありませんが工務店側からの提案・提供・アドバイスを承認・決定するのは建築主側です。従って、建築主側は「間取りの良し悪し」の判断力は持たなければならない

上記のモデルプランで「間取り計画」の基本を理解します。例えば居間・食堂・台所に関して言えば家族関係を良くするものでない。居間だけに関して言えば落ち着きのない空間になっている。何故そう言えるかを理解します。

人には品格があるように住宅にもあります。この間取りには「品格」が低い。それに、収納計画への思考が不十分。玄関ホールも良くないし洗面室もごく普通。このプランで多くの問題を理解することで「間取りの良し悪し」を判断できるようになります。

次に当方の「改良した間取り」を見ながら、先程指摘した問題個所がすべて解決していることを確認します。同じ坪数で見違えるような間取りになることを学ぶのです。

 

●「業者の決定」には慎重になる

住学教室で「成功する5つの方法」を学びますと、業者の決定には慎重になります。

一歩立ち止まって判断するようになります

 

〔疑問?〕

✔ 安いと言っているが、出来上がりの建築費用は?

✔ 住宅建築への企業姿勢はどうなのか?

✔ 設計力はあるのだろうか?

✔ 施工マニュアルはあるのだろうか?

✔信用があればもっと業績が上がっているのでは?

〔用心する〕

✔ 競合することを避け、すぐに囲い込みをする業者

✔ 業者側の拘りを強く押し付けてくる業者

✔ 価格をメインに主張する業者

✔ 現在より、過去の実績を自慢する業者

✔ 見せかけの上手な業者

建築業界は複雑な業界で、歴史も長く技術が進歩してきたが好ましくない慣習も残っています。その一つが「プロは騙せないが、素人はいくらでも騙せる」という慣習です。ここでの「騙す」とは詐欺行為をすることではなく「見せかけをする」ことです。

建築業界でも特に住宅業界は見せかけの多い世界です。現代では、情報を得ることはさほど困難ではなくなり業者側の話を鵜呑みにすることが少なくなりましたが、見せかけの手法で素人を騙せる状況は変わってはいません。

テレビで放映されるような悪徳業者とは違います。建築知識も経験もある普通の建築関係者に「素人は、見せかけで騙せる」という意識があるのです。

 
 

「住学教室」へのご案内

「体験学」参加はこちら

「勉強会」参加はこちら

 

 住学教室

「理念」

なぜ「住学教室」から始めるのか?

「住学教室」の内容

「判断と選択の基本」を学ぶ

「全体像」を学ぶ

「成功する5つの方法」を学ぶ

「建築実務」を学ぶ

活用

「現在、計画中」の方

「そろそろ、住宅建築」の方

「建築予定はない」という方

「土地取得」に関心の方

参加

「体験学」に参加

「勉強会」に参加

「参加者」の感想

場所

「住学教室」の場所

 住宅建築

〔情報・見学・参加〕

賢く活用/展示場・勉強会・インターネットを賢く活用する

住宅展示場/参考になることがたくさん

勉強会/どのような「勉強会」も役に立つ

施工現場見学会/耐震性・耐久性・安全性はわからない

完成現場見学会/何を見るのか?どこを重点的に見るのか?

〔住宅業界〕

住宅業界/見せかけの多い世界です

工務店/建築主が望んでいる工務店

住宅営業/営業には2つのタイプ

住宅設計/目的に叶う設計内容であることが重要

建築工事/きちんとした施工は第三者の管理より企業姿勢

〔建築〕

住宅建築/一般の商品とは異る特有性がある

建築時期/「ライフプラン」で検討する

新築住宅/「動機」と「目的」が重要な課題

リフォーム/新築住宅に比べ「より慎重」に

資金計画/「資金の理解」と「資金の使い方」

建築費用/「建築費用を下げる」考察

〔住宅〕

住宅/大きく分けると3タイプ

注文住宅/短所を理解し長所を生かす

望む住宅/「建物・生活」の2つの視点から

耐震住宅/特殊な工法より「設計・施工・維持管理」が大事

子供部屋/独善的な子供教育論を語る設計士には注意

2世帯同居住宅/「仲良く同居する」は困難な課題

 運営

サイト利用

サイト案内

建築主

工務店

アクセス

運営企業

代表者あいさつ

企業概要

パートナー募集

ごあいさつ  運営企業  @2017jyugak